予約専用:03-3499-0648
診察時間:10:00~13:00,14:00~18:30
休診日:土・日・祝祭日

犬も虫歯になるの?!

こんにちは!!

関東も梅雨入りしましたね。。。

イヤ~な時期ですが、大好きな夏を迎えるまでのガマン・ガマン :mrgreen:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、今日は私がずっと気になっていた事について書こうとおもいます。

それは 『犬も虫歯になるの?』 って事。

犬も歯垢(プラーク)がたまって、歯石になり、歯周病になる事は知っていましたが 🙄

調べていたら、少ないようですが、、、虫歯にもなるようです!!!

だから、やっぱり犬だって歯ブラシをしなくてはいけないんですよっ。

でも、実際かなり嫌がるんですよね。。。 😥

なのでデンタルガムなどは噛ませる様にはしているのですが、、、毎食後のブラッシングは難しくて  ( ゚д゚)

 

 

 

 

大好物のデンタルガム『グリニーズ!』

 

 

 

 

先日、口の中を見ていたら 😯

歯石がっ!!! そして犬歯の部分が少し茶色っぽくなってるじゃないですか!!!!

歯科衛生士としては、キャーーーーーって感じ  🙁

慌てて、歯石除去を試みました。

案の定、大暴れっ!!!!!

『痛くない様に取ってあげるから大丈夫よ~。プロなんだから任せなさ~い。』 と語りかけながら。

ハイッ! 全然通用しませんね~~ (*´Д`)

飼い犬に噛まれそうになり、片方しか取れませんでした 😥

それに犬歯の部分の茶色は歯石ではない!! でも穴は開いてない。。。

って事はやっぱり初期虫歯?!

 

 

 

わぁぁ~~~~んんん (‘∀`)

こんな風に開けててくれたら・・・いいんですが。

 

 

 

 

 

そこで、気になって調べました★

犬が虫歯になるメカニズムも進行の仕方も、人間と同じようです 🙄

ただ、犬などの肉食動物には虫歯の発生は非常に少ないようで

犬猫は歯周病がほとんどで、全体の歯疾患のうち虫歯は5、6%程度だそうです。 (猫はもっと少ない!)

 

 

なぜ少ないのかというと。。。

★ 犬の唾液はph8、0以上のアルカリ性であること。  (ちなみに人間は6、5)

★ 食事に糖質が少なく、アミラーゼという消化酵素が唾液中に含まれていない。

★ 咬合面がある歯が少ない。

★ 人間と違い咀嚼する時間が短く、食べ物が口の中にたまってる時間が少ない。

つまり犬の口の中は人間に比べ、虫歯が成立する条件が、圧倒的に少ないということです

 

 

 

 

痛くなったら、犬だってやる気でないわん。。。

 

 

 

 

 

それでも、、、虫歯になったら? 歯周病になったら???

犬など動物の場合は、虫歯治療や歯石除去なども全身麻酔で行うんです 😥

体にはリスキーですよね。

簡単な歯石除去なら、麻酔なしでも行うみたいですが。

それに、あまり虫歯治療を行っている病院は少ないようで。。。

ひどい虫歯になり、抜歯になってしまったり!!!  (← 人間もですが・・・)

 

 

 

 

http://www.dog-dental.com/index.html

 

 

 

 

そこで発見した、感動の病院!!

日本初の、犬の歯医者さん!!!!!

面白いのが、先生はなんと歯科医師であること。

HPを覗かせてもらうと、、、

麻酔をかけて、人間の治療の様にウィィィィーーーーーンっと虫歯を削って樹脂をつめたり。

なんと歯の神経をとって、根っこの治療までも行っているではありませんか!!

人間の歯科治療と同じ行程です  😯

すごい!!!!!!!

かなり治療に興味シンシン★★

一度、見学させてもらいたいなぁ~なんて思っちゃいます。

それに、愛犬(グレムリン)の歯に困ったら行ってみたい!!

歯石除去なら、麻酔をかけてくれたら私自身にやらせてもらいたいですがね (笑)

 

歯科医院が増え続けている現在、今後この様に歯科医師と獣医さんが連携して、

クリニックを開業する犬の歯医者さん増えるかもしれませんね!!!  😯

 

人間だって犬だって、痛いのも嫌だし、出来ることなら治療しなくていい健康状態でいたい!!

それには、やっぱり日頃からの予防が大事ですね♪♪

 

 

サカクラ@晴れ女


« 学会へ
小さな喜び(´・ω・`) »

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ