予約専用:03-3241-6480
診察時間:午前10:00~午後18:30
休診日:土・日・祝祭日

むし歯治療

小さな虫歯から神経に達するような深い虫歯や歯の根に膿を持った歯など、それぞれに適した治療を行なっております。

C1のむし歯

歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みは特に無い状態です。
治療法:むし歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。
対処法:正しいブラッシング指導を受け、毎日ケアする。
フッ素やハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉を使用し予防する。
定期検診を受け、むし歯の進行状況を確認する

C1

C2のむし歯

むし歯が象牙質まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。
治療法:むし歯の部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。
後日詰め物を入れる場合は、いったん仮の詰め物を入れて、後日詰め物が完成したら来院していただき歯と詰め物をセメントで固定します。

詰め物について

  • 保険治療の場合:金属や樹脂で埋めます。
  • 自費治療の場合:保険適用の物より精度の高い技工物です。

歯との隙間が出来にくいゴールドや、歯と同色の白いセラミックを使用して埋めます。

C2

C3のむし歯

むし歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じます。
むし歯が進行し神経が死んでしまった状態や、以前に神経をとる治療を受けた方の状態です。

治療法:むし歯に犯された部分を完全に削り取り、歯髄の消毒を何回か繰り返します。
完全に綺麗になった状態で最終的に根の中に専用の薬を充填し、歯の形を整え芯棒(土台)を入れます。
その上に冠を被せます。歯と冠はセメントで固定します

※神経(歯髄)をとった歯は、通常の歯よりも脆くなるため、強度を補うためにも、全体を冠で被せるのが一般的です。

被せ物(冠)について

  • 保険治療の場合:金属で被せます。
  • 自費治療の場合:保険の物より精度の高い技工物です。

歯との隙間が出来にくいゴールドや、歯と同色の白いセラミックを使用して被せる方法があります。
自費の被せ物を選択される場合、芯棒(土台)も自費治療になります。

C3

C4のむし歯

むし歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。
ひどく痛んだり、周りの歯茎が腫れたりします。
また、隣の健康な歯へ影響が出る可能性があり危険な状態です。

治療法:残念ながら、抜歯を行ないます。
抜歯後の治療法:周りに歯がある場合はブリッジ

C4