予約専用:03-3499-0648
診察時間:10:00~13:00,14:00~18:30
休診日:土・日・祝祭日

インプラント

人にとって、第1の歯は乳歯。第2の歯は永久歯。
その大切な永久歯を、虫歯や歯周病、事故などにより、失ってしまった時
治療方法には、ブリッジや入れ歯、第3の歯といわれるインプラントがあります。
インプラント

インプラントとは

抜いた永久歯の顎骨部分に、人工歯根(チタン製のネジ)を埋入し、その上に歯を建てるものです。

メリット

他の歯に負担がない

  • ブリッジは抜いた歯の代わりを入れるため、両隣の健康な歯を削らなければいけません。
  • 入れ歯もバネをかける歯に負担がかかります。インプラントは抜けた部分に植立するだけで、他の歯には影響を与えません。

異物感がない

  • 顎骨に直接ついていますから、取り外す必要がなく、入れ歯を装着した時の様な異物感を残しません。

キレイ

  • 入れ歯はバネが見えてしまうこともありますが、インプラントは天然歯の様な仕上がりになるので審美性に優れています。

デメリット

インプラントは虫歯にはなりませんが、きちんと歯ブラシをしないと歯周病にはなります。

  • 埋入したら終了ではなく、ご自分でのシッカリとしたお手入れ(ブラッシング)と定期的なチェックとクリーニングが必要です。
  • メインテナンスやご自身のお手入れ次第では10~20年、それ以上の使用が可能です。

保険外の自費治療となります。

こんな方にお勧め

  • 入れ歯に抵抗のある方。
  • 天然歯を削らなくてはならないブリッジが嫌な方。

※ただし、インプラントに適応しない場合の方もいらっしゃいますので、まずは担当医にご相談下さい。

当院のインプラントシステム

日本製の京セラPOIインプラントを使用しております。

インプラント治療の流れ

1. カウンセリング(30分)

インプラントへの不安や疑問など、何でも主治医にご相談下さい。

オペ前検査2
オペ前検査1

2. オペ前検査(15~30分)

  • 現在の健康状態や既往歴
  • 咬合状態や、レントゲン上での顎骨状態
  • CTによる顎骨の厚さや密度

※CT検査は、日本歯科大学附属病院・放射線科へ行っていただいております。(別途 ¥17,850)

治療計画の説明

3. 治療計画の説明(15~30分)

当院での検査結果と、大学病院からの検査結果を参照にし、これからの治療方法などをご説明します。
患者様のスケジュールを配慮し、手術日を決定します。

オペ前クリーニング

4. 手術前クリーニング(30分)

1週間以上前のご都合の良い日に、お口全体のクリーニングを歯科衛生士が行います。

オペ日当日
オペ日当日2

5. 手術日当日(1~2時間)

  • インプラントを顎骨に埋め込みます。
  • 完全滅菌域で手術を行っておりますので、ご安心下さい。
  • 麻酔を確実に効かせるので、手術中に痛みを感じる事はありません。
  • 術後、お薬を処方します。
【手術後の注意事項】
  • 十分な睡眠をお取り下さい。
  • 処方されたお薬は、必ずお飲み下さい。
  • 入浴はシャワー程度にして下さい。
  • 激しい運動を避けて下さい。
  • 歯ブラシは、主治医の指示に従って下さい。
  • 埋入したインプラントの部分で、物を咬まないで下さい。

6. 翌日・消毒(5分)

  • 翌日、消毒に来院していただき痛みや出血、腫れがないかなどチェックします。
  • インプラントの埋入本数や症例によっては、腫れる事があります。

7. 1週間後に抜糸(10分)

痛みはありません。

8. インプラントと顎骨の結合安定期間(3~6カ月)

  • 1週間後、2週間後、1カ月後、3カ月後の間隔で来院していただき、インプラントと顎骨の結合具合をチェックします。
  • ブラッシング状態は、歯科衛生士がチェック・ご指導いたします。
上部構造の型取り

9. 3~6カ月後・上部構造の型取り(30分~1時間)

インプラントと顎骨がシッカリ結合したところで、上に被せる冠(セラミック)の型取りをします。

上部構造のセット
上部構造のセット2

10. 上部構造のセット(30分~1時間)

前回、型取りをした物を調整しセットます。
※インプラントの場合、メインテナンス時にチェックをしたり再調整できる様に、仮付けで使って頂くのが一般的です。
仮付けと言っても、お食事時などで簡単に取れる事はありませんのでご安心下さい。

メインテナンス

11. メインテナンス(1~6カ月ごと)

インプラントは虫歯にはなりませんが、きちんと歯ブラシをしないと歯周病にはなります。
また、咬み合わせで影響が出やすいため、埋入したら終了ではなくご自分でのシッカリとしたお手入れ(ブラッシング)と、定期的なチェックやクリーニングが必要です。